髪型をごまかすには帽子が最適

髪の質的には、量が多くてパサつきがち、根本に関してはふっくらしてしまい顔が大きく見えてしまいます。なので、冬は夜寝る前にニット帽子をかぶって、髪がふくらむのを抑えています。夏場にニット帽子をかぶってねるのはきついので、夏場はかぶれません。

トリコレの最安値通販や購入して使用した効果などを暴露!

ゴムで髪をしばってねますが、きがついたらゴムがとれて朝ぼさぼさになってしまいます。

髪をドライするときにブローをすればいいのですが、髪の長さがあり、うまくブローをすることができません。美容師の方から自然乾燥は髪によくないといわれたので、髪はドライを必ずするようにしていますが、髪の量が多いのと長いのでかわかすのだけで疲れてしまいます。髪を短くしても、ぼさっと根本がふくらんでしまったり、毛先がはねてなおせないので、今は髪が縛れる長さをキープしています。

また髪の広がりを防ぐために、帽子やキャップをかぶるようにしています。そうすることで、髪型の広がりや時短にもつながります。帽子をかえるだけでも、洋服や気分転換にもなるので、お手軽に髪型をごまかしています。難点なのは、夏場は汗をかきやすいのでむれやすいことです。帽子をかぶることで、直射日光を防ぐので、頭のてっぺんに関しては、紫外線から髪のダメージを守っています。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。