ダイエットは少しでも鍛えること

ダイエットは食事制限をするということもあったりするわけですがやはり体を鍛えるということが実は良かったりすることも多いです。http://www.caphartsnaum.com/
身体を鍛えることによって、基礎代謝を高めるということができるようになるわけですから筋肉を増やすということがダイエットにつながる、ということもあります。少しでもお金をかけないように鍛えたいと言うのであればジムに通うとかではなく、走りこみをするとかダンベル運動するとかそういうことでも意外と上手くいくことになります。

筋肉を鍛えることは一時的ではありますが体重を増やすということでもあります。それはどうしても筋肉のほうが重いからです。

脂肪と一緒につくことがあるわけであり、筋肉がついてすぐに脂肪が消えていくというわけではないので一時的な体重増加というのはある意味避けられないことではあるのですが、だからこそしっかりと基礎代謝を増やすために一時的な体重増加というのはあんまり気にしないようにしましょう。

きちんとダイエット的な事をしつつ筋肉を鍛えていて体重が増えたと言うのであれば実はかなり良い方向に進んでいるという形にはなるわけです。そのまま続けてみるようにしましょう。ダイエットはそうしたことから始まるのです。

ダイエットは炭水化物を取らないことが、肝(キモ)。

ダイエットの基本は、炭水化物の摂取をなるべく控えることが、重要なようです。
私自身は、ダイエットを本格的にやったわけではありませんが、人から聞いた話。
ダイエットはご飯(お米)等の、炭水化物を摂らないことがことが肝のようです。

http://kunuginooka-marche.jp/

いろいろとダイエット法は喧伝されていますが、お米の量を普段の半分に減らすというのはいかがでしょうか?、カロリー数がかなり減り、瘦身への第一歩です。
おかず、特に野菜類は減らす必要はなし。総カロリー数を抑え、運動を少しでも加えることでもっと効果的になると思います。運動をめんどくさがり、あまりしなくとも総カロリー数が抑えていればOK。逆に、ご飯量が抑えられない人にとっては、ダイエットは無理そうです。

ご飯好きで、お米の摂取量を減らせない場合は、巷にあふれるダイエット指南本に頼らないといけないといけないでしょう。ただ、自分に合ったダイエット法に出合うには、時間と浪費がかかりそうです。

またダイエットには、健康法として内臓脂肪を減らしていかなければならないと、世間では言われるようになりました。内臓脂肪を減らすにはどういった方法があるのかは具体的には知りませんが、健康に関する実用書に頼る必要があるかもしれません。
ただ内臓脂肪を取っていくことは、健康上非常に大切なようです。

意識するだけ簡単ダイエット

皆さんは痩せる=辛くて苦しいものだと思っていませんか?日々の食事で以下の2つを意識するだけでダイエットの成功率が高まりまるのです。そのポイントを紹介します。

グラマスパッツの口コミそして評判!

①その1 よく噛む
皆さんは日々の食事で「噛むこと」に重点を置いたことはありますか?噛むように意識しているつもりでも、実はあまり噛めていないという場合もあります。
噛むことで満腹中枢が刺激され、量を食べなくても満腹感を得やすくなります。また、味を感じながら食事ができるので満足感にも繋がります。

②その2 早食いしない
早食いは体に良くない、ということは誰もがご存じだと思います。でも、早食いって何分くらいのことを言うのか、いまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか。
人間が食事を始めてから、満足感を感じるまで“20分”と言われています。20分より短い時間で食べてしまうと、「まだ何か食べたい。」と思ってしまい、余計な食事をしてしまいます。それを防ぐために、よく噛んで時間をかけて食事をすることが大切なのです。

いかがでしたでしょうか。2点ともとても簡単ですよね。次の食事から実践できることだと思います。ストレスなく痩せるための簡単な秘訣です。皆さんもぜひやってみてください。

ダイエットとして早く寝る

ダイエットを効率的に行うことができれば最高です。プレミアムスリムスキニーレギンスの最安値通販サイトや私の口コミなどご紹介!

私も色々と考えていたことがありますが結局のところ空腹感などとにかく紛らわせるということをやるのが一番良いのではないかと思いました。

そこで考えたのが早寝ダイエットです。夕食をとらないようにする、ということまで考えましたがさすがにそこまでやりますという朝起きるまでにおきてしまって睡眠不足になってしまうということがありますので、そうならないように多少は食べるようにしていて、それでも少なくして食べるということにして、後はそのまま寝るということをしていました。

それがわたしの考えた早寝ダイエットです。とにかく摂取するカロリーというのも減らそうということで特に夕飯などは豪華にしがちですのでそうならないようにするために、早めに寝るということにしました。

これがかなり効果的であり、見る見るうちに痩せていくことができました。ある程度のラインを超えますと効かなくなる感じになってしまったのですが、それでもそれまではかなり効果的であったわけですから、かなりよいやり方であったと思っています。あんまり食べずに早く寝る、ということだけでも相当に効果的であるといえるでしょう。

楽しみながら続ける事

ダイエットというと一大決心をして取りかかるイメージがありますよね。グラマラスパッツは評判以上!

私も過去に何度かダイエットをしましたが気持ちが続くのは最初うちだけですぐに挫折していました。

自分は食事制限が多かったんですが、もともと食べることが好きなので制限があると、やっぱり欲に負けてしまって継続することができませんでした。

そこで今まで避けて通ってきた運動系に挑戦してみることにしました。

運動というと苦しいというイメージをもつ方も多いと思いますが、私の場合はウォーキングからはじめてみました。

最初のうちは歩くだけでも辛いと思いましたが、やってるうちにだんだん楽しくなってきて、歩くことが習慣化しました。

毎日同じ時間に歩くようにしていたので、日常生活にも規則正しいリズムができて、それも良い効果があったと感じました。

そのうちウォーキングからジョギングもするようになり、今度は走ることが習慣化しました。

私が心がけたことは1つだけあって、それは絶対に無理はしないということでした。

苦しいとおもったらその日はやめる。

今日は気分が乗らないとおもったらその日はやめる。

そうすることで不思議なんですが逆にウォーキングやジョギングが苦ではなくなり、今でも楽しみながら続けられています。

体を動かすことで代謝も良くなり、痩せやすい体質になったことも大きいと感じています。

ストレスをためない!必ず続く人生最後のダイエット

22年間何度もダイエットに挑戦するも諦めてリバウンドを繰り返してきました。グラマラスパッツの本音の口コミとダイエット効果をこっそりレポート!

1週間でマイナス○○kg!という極端で無理のあるダイエットは心身ともに健康に良くないと気付いて、長期的なスパンを見据えて人生最後のダイエットを行いました。

結果3か月間でマイナス10kgを達成し、1年間キープしています。

具体的な方法は、無理のないルール設定を行うことです。

私の場合は、

1.気分が乗った日は1時間ほど歩く

2.夜は炭水化物を食べない(我慢できるときは朝や昼も!)

3.時間があるときは1時間半身浴をする

4.気が向いたら軽い筋トレをする

5.毎日体重を測る

6.睡眠をできれば6時間以上取る

7.寝る3時間前までに食事を済ませる

というルールを意識しながら生活をしました。

このルール設定のポイントは、「気が向いたら」「時間があるときは」など自分に逃げ道を作ってあげることです。

そうすることでできなかった日に罪悪感を抱えて暴飲暴食…ダイエット失敗!なんてことにならずに、明日は頑張れたらいいなと気持ちを切り替えることができます。

こんな緩いルールで本当に成功するの?と思ってしまう方も多いと思いますが、ダイエットはイベントではなく習慣です。これらのことを意識して習慣化し、生活に無理なく取り入れていくことが、短期間で落とそうとするよりもずっと成功への近道です。

私自身、糖質制限や過度な運動、朝○○ダイエットなど様々なものを試してきましたが、一番効果を感じ、また、ストレスなく維持できているダイエットがこの、緩いルールを決めて習慣化させていく方法でした。

たまには友達や家族とパーっと食べる日も楽しみとして大切に、今でも緩いルールを意識して無理なくキープをしています。

ダイエット=大変なイベントという固定概念を、ダイエット=小さな習慣の積み重ねに意識を変えてみませんか?

間食をやめて油を使わない調理を心がけたら体重が減った

最近、全体的にまるくなってきたし、体が重くなったのを感じます。体重が増えたのです。原因はわかっています。初めての出産、育児、家事が忙しくてストレスがたまっています。赤ちゃんがいると思うように行動ができず、時間ばかりすぎてしまいます。だからお菓子などを口に入れている状態です。決まった時間におやつを食べるのではなく、いつもお菓子を食べているので体重がふえていきました。

http://www.focuspgh.org/

私は「イライラ」するのを抑えるためによく聞かれる「6秒ルール」を心がけるようにしました。怒りたくなったら心の中で歌の題名などを言って6秒たつと気持ちが抑えられるようになりました。買い物に行ってもお菓子は買わないようにしました。自宅によぶんな食べ物がなければ間食をしなくなりました。

でも週に1度だけ好きなケーキを買って食べています。すべてをガマンすると余計に食べてしまいます。食事にも気をつけました。油でいためる料理は避けています。例えば野菜炒め、ブタの生姜焼きはフライパンでいためないで電子レンジで調理し、唐揚げなどは油で揚げず、「ノンフライヤー」で調理してヘルシーな食事をするようにしています。お菓子を食べず、ヘルシーな食事を心がけるだけで3.5㎏減りました。あと2.5㎏の体重を減らすことが目標なのでこのまま続けます。

ダイエット成功のシンプルな王道!?

ダイエット。
誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
そんな私も、過去に数えきれない程のダイエットに挑戦しては、挫折を繰り返してきました。

http://www.artboundcommunity.com/

そして、最終的に、一番しっくりくるダイエット方法に辿り着きました。
実に、シンプルな方法ですが、王道とも言えるのではないでしょうか。
それは、『ダイエットを意識し過ぎず、健康的に過ごす』ということです。

私の経験上、ダイエットの最も大きな敵は、ストレスでした。
そして、そのストレスを感じた途端、食べたくなくても口に物を運んでいる…というような状態に陥っていました。
世に言う、”ストレス太り”です。

それに気づいた私は、ダイエットから意識を外らすことにしました。
すると、『ダイエットしなくては!』と言うストレスを感じることが減ってきて、自然と食べ過ぎを防ぐことができるようになりました。さらに、食後、食べ過ぎることがなくなってからは、お腹が苦しくなく、自然とストレッチなどの軽い運動も取り入れられるようになりました。
ダイエットから意識を外らしただけで、太りにくく、より健康的になったと感じています。
今では、この”シンプルだけど王道”な方法が一番だと思っています。

痩せる体づくり

わたしは昔から、いわゆる中肉中背ごくごく普通の体系でした。http://cepisecompetencebenchmark.org/

だからこそ、キープしたりよりよくなりたいという気持ちも常にあり、テレビでダイエットに良いという情報を見かけたら時々試したりしていました。

ダイエットというか、太りにくくなるコツのような物がわかってきたような気がするので、それについて書かせて頂きます。

まず、とにかくよく噛むことです。

もういいんじゃないか?というくらいなんでもよく噛んでから飲み込むようにします。

これをするのとしないのとで本当に違うんです。

ほとんど噛まずに飲み込んでいる時期は食べている量が少なくても少しふっくらとしてしまいました。

ですが気を付けてよく噛んで食べているときはどんなにたくさん食べていてもそんなに太らなかったんです。

慣れるまでは大変なんですが、慣れてしまえばしっかり噛まないと飲み込んではいけないんじゃないかというような気持ちにすらなってきます。

よく噛むことで便秘になることも減るので、それも体重の変動に関係していると思います。

また、食事内容についても気を付けていることがあり、パンやケーキはやや控えるようにしています。

全く食べないわけではありませんが、パンやケーキの生活が続いたとき、圧倒的に体重の変化を感じましたし、体が冷えやすくなり、生理も重くなってしまいました。

その代わり、定食などはしっかり食べるようにしています。

テレビでマツコさんも貧乏人は太らないと思うかもしれないけど、米のみの食事が続くから太るとおっしゃっていましたが、わたしもお金がない時期、そういった生活を続けたところ太ってしまったのを覚えています。

やはり基本の朝昼晩(夜は野菜中心)しっかりバランスよく、よく噛んで食べることが大切なんだなぁと思います。

それが結局一番長く続けられることだとも思います。

もちろん、毎日エクササイズもしています。

出来るだけ健康的なダイエットを心掛けたいなぁと思います。

17キロ減したい方必見!!

今回ご紹介するのは、私が実際やった自己流ダイエットです。まず運動するのがやる気が出ないと出来なかったので、食制限だけを気を付けました。量を減らさずたくさん摂りたかったので、一日約1食のみにしてカロリーは300キロ~500キロカロリー以内に抑えました。メニューはヨーグルト400グラム+サラダ(コンビニ)かサラダ(コンビニ)2コが主な食事です。

http://www.wikischoenstatt.org/

少し飽きたときはサラダチキンにしてみたり、最近はスーパーでも糖質制限されたレトルト食品も数多くありますので気軽に楽しめるのをテーマに頑張りました。ただ一番重要なのは体重計に毎日のる事です。いくら食事制限をしても自分で何を食べて増えているかが重要なのではないかと思い、わざと食べた後(基本夕食)に計ったり、朝起きて計ったりとにかく体重計にのりまくりました。ここまで食事制限、体重計ときまして運動がやはり必要かと思い私が一番に率先して毎日していたのはサウナに入ることでした。

仕事の関係で毎日銭湯もしくは温泉だったのでサウナで汗かくと痩せるのではと思い毎日合計30分~1時間入ると決めてからはスルスル体重が落ちていきました。
運動苦手な方に是非オススメです。毎日とは言わず週に決めた日だけでも違います。食事制限、体重計のる事、サウナ(家で半身浴)この3つをすることで約1年で17キロ落ちます!ただ内容はストイックなので無理のないダイエットをしていきましょう!

厄介なニキビの対策方法

皮脂の分泌量が多い時期は、どうしてもニキビができやすく、どのように対策をしたらいいかと悩む人は多いです。ニキビは、角質が厚くなることや過剰な皮脂の分泌によって毛穴がふさがり、アクネ菌が繁殖することが原因で起こる症状です。
ポラッシュを辛口評価!実際に使用した効果と私の口コミ!

そのため、ニキビが気になる人は、洗顔をまめにする人は多くいます。しかし、過剰に洗顔をする、洗顔時に力を入れることは、ニキビを作る原因です。過剰な洗顔は必要以上に皮脂を落としてしまいます。皮脂は皮膚を守る役割があり、必要以上に落とすことで過剰分泌につながり、ニキビができやすい状態になることがあるので注意が必要です。

また、力を入れた洗顔、スクラブ入りの洗顔は、肌サイクルを乱したり、角質を厚くする原因となることがあります。洗顔をするときは、洗顔料をしっかりと泡立てて優しく洗います。そして、洗顔後はどうしても皮脂が少なくなっているので、過剰分泌を引き起こさないように保湿をしましょう。

また、睡眠は肌を正常な状態を保つためには欠かせません。睡眠不足にならないように、寝る前の1~2時間前に入浴を済ませて、ブルーライトなどの強い光を発する機器の使用は避けます。食事では、ビタミンA・B・Cをしっかりと摂取しましょう。さらに、日頃活用できる自分なりのストレス解消法を見つけてストレス対策をすることで、効果的なニキビ対策ができます。

ショック!以前の自分に戻りたい

二人目の子どもを出産後、育児に追われ体重を測定しない時期が続きました。産前の洋服は問題なく着ることができているし、自分は太っていないはず!という根拠の無い自信がありました。しかし、子どもの運動会の写真に写った自分を見て驚きました。そこにはポッチャリしたおばさんがいたのです。慌てて体重計に乗ってみると、何と5キロ増…。妊娠6ヶ月頃の体重に戻っていました。

http://www.urbanpiraten.org/

こうなった原因は、2つあると考えています。まず1つ目は、食べ過ぎてしまったことです。授乳中はいくら食べても太らなかったので、遠慮なく食べて間食も毎日していました。授乳が終わってもその食欲はセーブできず、そのままバクバク食べ続けた結果です。

そして2つ目の原因は、運動不足です。下の子を抱っこして四六時中上の子を追いかけることもなくなり、車での移動が多いので歩くことも少ないです。

とにかく痩せたい!と思い、ネットで見つけたプランクという運動を試してみることにしました。プランクとは腕立て伏せの体勢で肘を地面につけたようなもので、そのまま静止して筋肉を鍛えるというものです。最初は10秒やるだけでも腕が震えて辛かったですが、毎日続けることで時間を伸ばし、最終的には1分半できるようになりました。そして間食も控えて野菜をたくさん食べるようにした結果、4キロ痩せることができました!あと1キロが手強いですが、無理なく頑張っていきます。

ダイエット兼筋トレやってみました(se会社員)

ある筋トレのみをするアニメをみて

ダイエット兼筋トレを始めました

メタシボリの効果

このあにめ、アニメないですらつどつど

筋トレを挟むくせに

アニメ最終話に家で実践できる筋トレを

説明しながら30回とかもやしでも

なんとかできそうな回数を始めるんですよ

アニメ・ゲーム好きなわたしにはやるしか

道が残されていませんでした

毎週見るごとに新たな筋トレが増える中

毎日それを実施する…

スクワット、腕立て伏せ…etcetc

こんなに家でできる筋トレがあるのか…

嫌だ…逃げ出したい…

そう思って目をそらした先には

にっこりとあの筋トレアニメが

こちらを見ているんです

続きを見たければ筋トレをしろ

そんな目でみられたら……

続けるしかありませんでした

もくもくとつづけて2、3ヶ月ほどで

毎日15分ほどつづけたら体重が69キロほど

あったのが67キロまでダイエット成功しました

減量自体は2キロほどとそれほど

痩せてはいませんが

おおきかったのは見た目が少し筋肉質に

近づけたのは大きかったし

凄く嬉しかったです

現在は仕事が忙しくなってきたため

中止しておりますが毎日30分ほど

こつこつつづけるだけだったので

仕事が落ち着いたらまた再開しようと思っております。

ダイエットは自分自身の健康にも

いいのでおすすめですよ

父がいきなりダイエットに目覚めた

数年前の話ですが、父の寝室のカレンダーに小数点が書かれた数字がありました。
思わず「これって何なん?」て父本人に聞くと、「体重」と答えました。
当時、小太り気味だった父(よくて中肉中背)がシュッとしたと感じた時期と重なっていたのです。

グラマラスパッツ

どうやら糖質制限ダイエットを会社の女性部下が始めようとした、タイミングで自分もしようと思ったようです。
そのダイエットは文字通り、炭水化物を控えるのです。父は晩だけご飯を食べなくなったのです。炊飯器のご飯の減り方が遅くなったのはそのせいです。

身長が161㎝の男性にしては少々小柄な父ですが、カレンダーに自分の体重を書いた当初は62㎏ありました。ぽっちゃり寸前ですね。
しかし、半年すると50後半まで下がったのです。また、顔はそんなに変化してないだろうと思いました。毎日見ていると微妙な変化に気づかないのですね。

しかし、会社の方のFacebookに映る当時ぽっちゃり寸前の父の顔を見比べると、その差は歴然としていました。おそらく2周りは顔にあった無駄な肉がなくなったでしょう。

ですが、これはあくまでも父個人のダイエット結果です。そして、私は炭水化物の中でもうどんが大好きなので、到底このダイエットはできないと思いました。
それに、運動するに越したことはないです。ですから、各々で相性のよいダイエットをすることをお勧めします。

身体にも心にも最高のダイエット

普段から美容品、ダイエット用品、身体に良いと言われる食事、気になったものはとにかく試してみる私が1番効果のあったダイエットをお話しします。それは岡山県倉敷市の「ヘルスピア倉敷」というファスティングのホテルに4泊5日で滞在したダイエット体験です。断食道場という言葉を近年耳にしますが、こちらのホテルはそんな極端な断食ではなく、1日3食のジュースとそれ以外は無農薬の紅茶、生姜湯を飲んで過ごします。「ジュースだけ?」お腹空きそうと思うかもしれませんが、そのジュースというのはカゴいっぱいのにんじんと少しのりんごを使って手作りされたもので最高に美味しいんです。一口飲んだ衝撃は忘れられません。市販の「果汁100%」という表記が信じられなくなるほど、採れたてのにんじんをそのまま食べているという感覚になり、腹持ちもとても良かったです。

また1日1回利用できるラドン温浴という岩盤浴のような施設もあり、大量の汗をかけて気持ち良かったです。

「ヘルスピア倉敷」は倉敷市のなかでも観光地から離れたとても山奥にあります。高台に位置するホテルからは市街地を一望でき、空気の美味しい静かな場所で数日間ゆっくりと過ごすことで頭のなかもリフレッシュできました。

そして肝心のダイエット結果ですが、162センチで57キロまで上がってしまっていた体重が、ファスティングを5日間行なった結果、マイナス2キロ落ちました。しかし!驚くのはここからです。ファスティングを終えて地元に戻ってからも、食事をヘルシーなものを中心に夕食を食べる時間も午後8時までにと、できる範囲のことを無理なく継続していた結果、そこから3週間ほどで52.8キロまで落ちました!理由としては5日間の間に体質改善できたことで痩せやすくなったのだと思います。また滞在期間、コーヒーやチョコレートも食べなかったため、イライラなどの気持ちの抑揚が少なくなり、フラットでいられる時間も長くなりました。

今では適度にコーヒーも飲み、間食もします。食事はバランスを意識しつつ普段通りの量を食べて過ごしていますが、2年経った今でも52?53キロ台をキープし続けている現状です。

これが私が最も成功したダイエットです。一度、お腹のなかも頭のなかもリフレッシュできる場所に行くことをお勧めします。

ダイエット、まずは基礎代謝を育てよう

ダイエットに必要なことはなんだろう?

「絶対にやせてやるんだ!」っていう魂は、確かに大切。

だけど、魂が弱くて続かないもんだ。にんげんだもの。かなしいものだ。

皆さんがご存知の通り、ダイエットの基本は、引き算だ。

食べた摂取カロリーから動いた消費カロリーを引いて、その答えがマイナスなら減るし、プラスなら残念だけど体重は増える。

カロリーゼロが人気なわけは、この引き算にあるわけだ。食べない訳にはいかない。だからカロリーゼロを食う。

ご存知でしたか?

実は食べたら食べた分だけ太る訳ではない。

ヒトには基礎代謝ってのがある。簡単に言えば、ヒトは生きているだけでカロリーを消費している。

個人差や男女差や体型によって差はあるものの

生きているだけで、高校生は1日1600?1700カロリー消費する

20代になると1日1500カロリー

50代になると1日1400カロリー

70代になると1日1200カロリー

高校生をピークに基礎代謝は年々落ちてゆく。基礎代謝は加齢の影響を受ける。

「若い頃は腹が減る」これは基礎代謝が関係している。「最近痩せにくくなった」「中年太り」これにも基礎代謝が関係している。

ダイエットの結果は「体重の減少」だ。引き算である。

生きているだけで消費してくれる基礎代謝は、筋肉量が関係している。

もちろん、筋肉量が増えれば基礎代謝も上昇する。

基礎代謝が増えれば大きな引き算が可能となる。

同じカロリーゼロをはじめとした食事制限をするならば、基礎代謝が高い方がお得。

ウォーキングなどで運動による消費カロリーを増やしたいなら、基礎代謝が高い方がお得である。

いつかのダイエットに向けて、私は今日もスクワットを続けようと思う。

あ、私に足りないのは、タ?マ?シ?イという根性だったな。。

ウォーキングダイエット

現在、コロナの影響で自宅にいる機会が多く、本来フットサルが趣味の自分も半年近く体を動かす事がありませんでした。

どんどん体重が増えてきて、歩くと膝が痛いことが多くなりました。自分も嫁も食べる事が楽しみなので、良く地方に行くとその土地の名産品などを食する事が趣味です。

その結果、二人揃って体重増加となりました。

これではまずいと思い、何がこの状況で効率的にかつ経済的にできるのか考えた所ウォーキングだと思いました。すぐに、夜、家の周りを歩きました。最初は20分くらいで終了。徐々に歩く時間を増やしていきました。

今では一時間歩いても物足りなさを感じます。ふたりで歩くことにより、雑談しながら歩くので時間がたつのが早いです。もうこんなに歩いたのかと思うことが多々あります。また、普段子供の前では話せないことを相談し合う時間になり、家庭円満にも繋がっています。

独りだと挫折してしまうダイエットも、誰かと一緒に協力していくとこんなにも違うのかと痛感しました。嫁に感謝しています。また、私たちが夜歩くために留守番をしてくれている子供たちにも感謝です。継続は力なり。これから先も家族が同じ方向を向いて歩くために、夜のウォーキングを続けていこうと思います。

体脂肪を減らすことを意識したダイエット

歳をとって体重が減りにくくなった。

若い頃は1日食べなければ体重は減ったのに。

食べる量を減らしても全然減らない。

そんな悩みを抱えて、日々減らない体重に悶々としていませんか?

歳をとると消費カロリーも基礎代謝も減りますから、体力仕事や意識して運動しない限り太りやすくなります。

体重に振り回されない!

昔の私は、体重ばかり気にしていました。

それだけで細かったし、余分なお肉などありませんでした。

食べなければ太らない。

そう信じていました。

ですが、ある時から、

「体重は軽いのに、お腹や太モモはプニプニ。」

という現実に気づいたのです。

デスクワーク、さらに食べやすく満腹感を感じにくい甘いスイーツを好んで食べていた体には、筋肉は全くなく、脂肪の塊だったのです。

筋肉を増やさねば。

筋肉がつくメリットは、引き締まった体になることだけではありません。

筋肉はエネルギーを消費してくれますので、その分食べても消費してくれます。

基礎代謝量が増えれば、運動していない時間にも燃やているエネルギーが増えます。

つまり、筋肉量がなかった時より食べても太りにくくなります。

摂取カロリーを控えるために食事を我慢するより、食べても太らない体の方が魅力的ですよね。

そして大切なことがもう一つ。

筋肉はエネルギーを燃やすために体内の糖分を使います。

つまり、甘いものを食べても消費してくれる量が増えるのです。

細い人に血糖値の高い方が多いのはこれが原因の一つだと考えられます。

もちろん、甘いものばかり食べていれば血糖値は上がりますが、筋肉もないから糖が余ってしまう。

夫より遥かに少ししか食べていないのに、夫の血糖値は正常下限。私は正常上限だったのはこのせいだと痛感しました。

それから私は体重より体脂肪を重視したダイエットを始めました。

現在の私のダイエットは、

3食しっかり食べる(高タンパク低脂肪、低糖)

筋トレを日課に(と言ってもキツイものはしていません。ながらスクワット程度)

座らない(基本立ってデスクワークしてます。立っているとフットワークも軽く、頭も冴えます)

間食をしない(間食断ちがなかなかできない)

というゆるゆるダイエットですが、すこーしずつ引き締まってきています。

厳しい制限は挫折や、リバウンドにつながり、時には体を壊してしまいます。

是非みなさんも食習慣や運動から見直し、体重ではなく、体脂肪を減らすことを意識したダイエットをしてくださいね。