舌磨きで口臭を予防しよう!

舌磨きをしたことはありますか?多くの人は、歯磨きは朝昼晩としているけど舌磨きはしたことがないという人が多いのではないでしょうか?しっかり歯磨きをしているのにも関わらず、周りの友人や恋人などに口臭を注意されたことがある方は是非、舌磨きを実践してほしいと思います。

評判以上!ブレスマイルウォッシュを使って口臭をケアした私の口コミ!

舌には舌苔という細菌が付着しております。舌苔は、歯磨きの磨き残しや、口で普段から呼吸をしている、などの原因によって舌に付着してしまう細菌で、これが口臭の主な原因の一つとなります。自分は健康だし、歯磨きもしっかりしているのになぜか口臭がひどいという方は舌についている舌苔を綺麗に磨いてあげる事によって口臭改善につながるかもしれません。舌磨きには専用のブラシがあり、市販でも購入することができますし、歯ブラシで磨いていただいても構いません。

初めて舌磨きをする方は、舌を磨く際にいくつか注意をしなくてはなりません。1つ目は優しく磨いてあげるということです。舌はデリケートな部分ですので、強く磨きすぎると、口内炎ができてしまったりします。ストレスがかからないように優しいイメージで磨きましょう。もう一つは歯磨きのように1日に何度も磨く必要はないということです。朝に一回丁寧に舌を磨く事によって十分効果を得ることができます。是非実践してみてください。

気になる口臭が発生しないように私がしている対策法

ふと、筆者は口臭が気になるときがあります。

通勤中の電車の中や、近くの席で人と話すとき、異性が近くにいるときなどに、「私、口臭くないかな!?」と不安に思ったりします。
なぜなら今まで話しているときに、鼻に手を当てながら会話されたり、何でもさらけ出せる彼氏と同棲していた時は寝起きの口臭が本気でひどいと言われたりしたことがあったからです。

ブレスマイルウォッシュの効果

そんな私が、なるべく口臭が発生しないように気を付けていることがあります。
それは食べ物・丁寧な歯磨き・充分な水分補給・アルコールは適度にすることです。
具体的に食べ物については、近距離で人と会うなと思うときは臭いの強いものを避けるようにします。
体感的にはニンニクやニラ、キムチ、ブラックコーヒなどは結構臭いが強いと思います。
歯磨きは、磨きが甘いと食べかすや口臭の元が残っているように感じるので、丁寧に磨くことを心がけています。
水分補給については、朝目覚めた際の口の乾き具合に乗じて臭いが強くなるような気がするのでなるべく就寝前までにお水やお茶を多く摂取しています。
アルコールは前日飲みすぎると二日酔いの臭いがかなり強いことを、周りの人の口臭から感じたので、人に会う前日は深酒しすぎないように気を付けています。

口が臭いのは何を食べてしまったらか

口が臭いのは例えばにんにくとか、そういったものを食べてしまうからそういうことになってしまっているわけなのでそういうものを食べないようにしておくことを心がけなくてはいけないわけです。

ブレスマイルウォッシュは実店舗で市販されている?購入して使った効果や口コミなどまで赤裸々に暴露!

つい自分の本能のままに、口が臭くなるものは

贅沢で結構おいしいものにそういうものがあるわけですが、そういったものは食べないようにしておくべきです。

「にんにくとは」

日本ではニンニクやノビル(野蒜)など鱗茎を食用とする臭いの強い(ネギ属の)植物を総称して蒜(ひる)と呼び、特にノビルと区別する場合にはオオヒル(大蒜)とも称した。漢方薬の生薬名は大蒜(たいさん)。語源は、困難を耐え忍ぶという意味の仏教用語の「忍辱」とされる。

5月頃に白い小さな花を咲かせるが、栽培時には鱗茎を太らせるために花芽は摘み取る。摘み取った茎は柔らかい物であれば野菜として利用される。

一般的に見かけるニンニクは分球ニンニクがほとんどであるが、一片種と呼ばれる中国のプチニンニク(en)などの品種もある。

ジャンボニンニクあるいは無臭ニンニクと呼ばれるものはニンニクとは別種であり、リーキ(ポロネギ)の1変種である。

原産地は中央アジアと推定されるが、既に紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されていた。また、現存する最古の医学書『エーベルス・パピルス』には薬としても記載されている。中国には紀元前140年頃伝わり、日本には中国を経て8世紀頃には伝わっていたと見られる。