自己処理脱毛で注意したいポイント

体毛は毎日成長していくため、脱毛を考えている人はこまめな処理が必要になってきます。エステや医療での脱毛と違って、簡単に脱毛できる反面肌への負担も大きくなる自己処理ですが、肌を傷めないように脱毛するにはどういったことに注意すればいいのでしょうか?

効果あり?パイナップル豆乳ローションプレミアムの口コミや販売店での市販状況など完全レポート!

自己処理による脱毛で気を付けないといけない症状としては、毛穴の炎症、乾燥、かゆみ、シミ、といったものがあります。それぞれの症状がどういった原因で起こるのか知っておくと自己処理もやりやすくなります。

毛穴の炎症は毛抜きなどで毛を抜いた場合に起こります。毛穴が開き開いた毛穴に細菌が入り込み化膿してしまうことで毛嚢炎となってしまうのです。毛を抜く脱毛では注意が必要になります。

肌の乾燥は毛を剃ることで肌の皮脂を落としてしまうことで起こります。クリームを使って剃れば大丈夫と思っている人もいますが大事なのは剃った後のケアです。処理後のケアで保湿を心がけていくと乾燥対策になります。

かゆみの症状は一般的にカミソリ負けによるものです。毛を剃ると同時に肌表面を傷つけてしまい肌のバリア機能が弱まってしまうことで起こります。気になる場所があるから何度も同じところを剃ってしまうとかゆみにつながるので気を付けましょう。

シミの原因はメラニン色素の沈着です。肌を刺激し続けるとメラニンが発生してシミとなってしまいます。肌は刺激に弱いため刺激を与えないように処理していくことでシミ対策ができます。

肌への負担となるポイントを押さえた自己処理を行うことで脱毛にかかる費用を抑えながらきれいな肌を保つこともできるようになります。自己処理に自信がなかったという人も注意点を理解したうえで正しい処理を行っていくことで日々の手入れが楽になるはずですよ。

乾燥しているのベタつく肌

普段から、お肌の保湿には気を付けている方だと思っていますが、うまく肌質のバランスがとれていない気がして悩んでいます。
年々、乾燥気味の肌質に神経を使っていますが、それと同時に、正直お肌のベタつきも気になっています。乾燥しているのにべたつきが気になるお肌。

http://www.ifshaworld.com/

まるで反対のような悩みですが、実は深い関係性があるようです。お肌というのは、適度な水分と皮脂のバランスによって、うまく保たれているものだといいます。べたつきが気になって、過度な洗顔をしてしまうと、お肌にとって必要な皮脂が奪われてしまい、肌のバリアとなる皮脂膜がなくなってしまうのです。そうすることで、肌のバランスを上手にキープできなくなるようです。

またよく考えると、顔のパーツによって乾燥気味の部分、テカり気味の部分が違うことが分かります。頬や目のまわりは乾燥気味ですが、おでこや鼻周りは、特に皮脂でべたついていたりします。しかし、皮脂は肌にとって時として必要なものです。

無駄に洗い流したりしすぎないように、それぞれ顔のパーツによって、正しい対応をしていかないといけないということが よく分かります。テカりの気になる部分は洗いすぎないしっかりとした洗顔をし、乾燥が気になる部分はしっかりスキンケアをして保湿をするようつとめたいです。