手荒れは白っぽくなってガサガサと乾燥していることが多い

自分も手荒れしやすい方なので、ときにはスーパーのレジの方の手荒れについてもつい目がいってしまうときがあります。だいたい、手荒れは白っぽくなってガサガサと乾燥していることが多いです。ほかにも、手の平ではなく手の甲にできる、あかぎれというのでしょうか?赤くなって少し腫れぼったくしているようです。この場合、とても血行などと関連があるみたいですが、それは体質的なものもあるようです。

効果あり?FACEEリキッドセラムプラスを使用した口コミを暴露!

まず、寒い時期に手荒れになってしまう場合いには、台所の水仕事が影響している場合が多いですね。とくに女性の場合、炊事などでは毎日水仕事が多いわけです。そのため、水仕事にゴム手袋などを使用している場合はいいですが、お湯が出るからといって素手で水仕事をしている場合には、そのあとのケアがとても大切になってきます。

また、普段から水仕事による手荒れを防ぐにはいったいどうしたらよいのでしょうか?
ひとつは水仕事の場合、使っている洗剤のせいも多いです。手に合った洗剤でないと荒れてしまっても仕方ありません。また、いつも手に適度な湿度があるかどうかを見極めることで、こまめなケアも必要になってきます。とくにインフルエンザなどが流行する時期には、それに対応して消毒や除菌洗剤などを使いすぎてしまう場合もあるようです。それで手荒れを起こさないように気をつけてください。

また、入浴するお湯の温度としても高めではなく、ゆっくりと体が芯から温まる温度として38~40℃がおすすめです。そしてとくに保湿が必要だと思われる方には、昆布を煮だしてつくる「究極の昆布風呂」がおすすめです。昆布にはミネラルやアミノ酸の保湿成分が含まれているからですね。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。