キャッシングの勘違いと自分の甘さ

キャッシングは、簡単にお金が手に入るお金の借方です。http://www.dirtcaps.com/

あたかも自分のお金かのような錯覚に陥る。ついつい簡単な操作で手にしてしまうお金で、しかも、リボ払い返済なので月々の返済が少額なところも怖い。金銭感覚が狂ってしまうケースがあることも理由の一つです。キャッシングの特徴として、利用方法が非常に簡単であることが挙げられます。

審査に通っていればATMで簡単にお金を調達でき、操作手順は自分の口座から引き出すときと大きく変わりません。そのため、何度も利用しているうちに、感覚が麻痺してしまうことがあるのです。利用限度額までのお金を自分のものであるかのように感じ、自分の口座から引き出すような気軽さで利用してしまう人がたくさんいます。

もちろん一部の人にすぎませんが、その話を聞いたことがあれば、キャッシングは怖いものであると認識してしまうでしょう。 キャッシングを利用すると利息も支払わなければなりません。返済が長引くと利息が増えていき、最終的な支払いの総額は大きくなってしまいます。

計画的に利用しなければ、利息が借りた金額を上回ってしまうという事態に陥ることもあります。借金の返済のために、またほかの業者のキャッシングを利用するという悪循環にもなりかねません。つまり、お金の管理がいい加減だと、キャッシングは多重債務のきっかけになりうるのです。

いずれも自分次第で防げるものですが、これらの点も怖いというイメージにつながっています。こう言った点からまだまだ自分には借りれる、お金があると勘違いしてしまうケースがよくあります。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。