肌の見た目と痒みに関する悩み

私は幼少期からアトピーのことで悩んできました。http://studiobigosinska.com/

まず二の腕、すね、腰回りの表皮がキリンの柄のようにひび割れたように荒れているのですが、市販の保湿剤や皮膚科で処方される油薬なども試してきましたが、どれも効果がありません。そんな見た目なので、半袖ハーフパンツなどの服装になる時や、温泉、プールを利用する際には他人の目がとても気になります。

また、もう一つ大きな悩みが、冬場に起こる「猛烈な痒み」です。空気が乾燥することで太もも、すね、腰の周り、二の腕あたりに強い痒みを感じます。掻くとそれなりに気持ちいいのでガリガリと無意識に掻きむしるうちに更に肌はボロボロになって粉を吹いたようになり、出血することも珍しくありません。それでも一度掻いてしまうともう止まらなくなってしまいます。

しかし、痒みに関しては唯一効果的に改善する方法があり、冬場はその方法で毎日乗り切っています。それは、熱いシャワーを痒い部分に当てることです。

痒みが治まるというよりは、掻くという刺激を数十倍にしたような快感が一気に得られるので鳥肌が立つほど気持ちいいのです。調べてみると多くのアトピー持ちの方が同じことをしているということもわかりました。

ただし、この方法にはリスクも多いとのことでした。つまり熱いお湯を使うことで肌の油脂分が洗い流されてしまうので、風呂上がりに余程のケアをしないと前よりも乾燥が酷くなるというものです。とはいえ、今ではもはやあの快感から逃れられなくなっていて、冬場の楽しみの一つになってしまっています。悪循環なのは承知の上で、この痒みと付き合っていきたいと思います。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。