父がいきなりダイエットに目覚めた

数年前の話ですが、父の寝室のカレンダーに小数点が書かれた数字がありました。
思わず「これって何なん?」て父本人に聞くと、「体重」と答えました。
当時、小太り気味だった父(よくて中肉中背)がシュッとしたと感じた時期と重なっていたのです。

グラマラスパッツ

どうやら糖質制限ダイエットを会社の女性部下が始めようとした、タイミングで自分もしようと思ったようです。
そのダイエットは文字通り、炭水化物を控えるのです。父は晩だけご飯を食べなくなったのです。炊飯器のご飯の減り方が遅くなったのはそのせいです。

身長が161㎝の男性にしては少々小柄な父ですが、カレンダーに自分の体重を書いた当初は62㎏ありました。ぽっちゃり寸前ですね。
しかし、半年すると50後半まで下がったのです。また、顔はそんなに変化してないだろうと思いました。毎日見ていると微妙な変化に気づかないのですね。

しかし、会社の方のFacebookに映る当時ぽっちゃり寸前の父の顔を見比べると、その差は歴然としていました。おそらく2周りは顔にあった無駄な肉がなくなったでしょう。

ですが、これはあくまでも父個人のダイエット結果です。そして、私は炭水化物の中でもうどんが大好きなので、到底このダイエットはできないと思いました。
それに、運動するに越したことはないです。ですから、各々で相性のよいダイエットをすることをお勧めします。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。