父方がハゲていないなら遺伝の心配はない?

男性の多くが、年齢を重ねればハゲるのではと心配している人も多いのではないでしょうか。なかには、自分の父親や祖父は全くハゲていないから安心と思っている人もいるかもしれません。しかし、遺伝は母親からの影響が強いことをご存知でしょうか。父方に全くハゲた人がいなくても、母方にハゲた人が多ければ、将来的にハゲる可能性が高いということです。

フッサ育毛剤

男性の薄毛の多くは、AGA(男性型脱毛症)が原因だと言われています。AGAは、強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによって、頭髪の成長を抑えられることが原因です。

このAGAになりやすいかは遺伝も強く関係していると言われています。そのため、母方でハゲている人がいるなら早めにケアするようにしましょう。遺伝ならどうしようもないと思いがちですが、AGAの進行は薬によって止めることが可能です。病院で薬を処方してもらい、服用することでハゲる進行を止めることができるということです。進行を止めることができれば、また通常の毛の生えるサイクルに戻すことができます。父親に限らず、母親側にハゲている人がいるなら、遺伝性の薄毛に悩まされる可能性は高いので、若いうちから正しいケアをすることが大切です。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。