気になるシミや小じわ・アラフォーからの対策

シミなど気にせず日焼け止めも塗らずに過ごした20代。

でも、30代後半から目元の下にポツポツとシミ・そばかすが目立つようになりました。

日焼け対策もしていなかったので、急いで日焼け止めクリームを買って356日必ず塗るようにして美白化粧品もラインでそろえるように…。

モイスポイントの口コミ

美白化粧品のデメリットは乾燥しやすくて、今度は目元の小じわが気になり、また基礎化粧品を買い替える日々にもなり困っています。

目元にシミがあると老けて見えること、小じわがあるとファンデーションが寄れて汚く見えてしまうので1番困っています。

デパートコスメは肌に合わず、プチプラコスメは肌に効いているのかわからず、本当にどれを買ったらいいのか、どれが一番いいのか分からず買っては次を試すことを繰り返しています。

メイクはファンデーションではカバーすることができなくなり、初めてコンシーラーを買ってカバーするようになりました。

ファンデーションはクッションファンデーションかクリームファンデーションを使用しています。

基礎化粧品はビタミンC誘導体が入ったものや小じわ対策もできるように、ヒアルロン酸が入ったものを使っています。

40歳を過ぎると今度はたるみも出てくるようになるので、今からアンチエイジング対策を頑張ろうと思います。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。